おすすめの離婚調停の本

離婚調停を起こしたり、起こされたりした人に絶対的におすすめな本があります。

でも、その離婚調停本の紹介の前に、離婚調停とは、家庭裁判所で調停委員という第三者を交えてする離婚の話し合いです。
しかし、離婚後の人生を左右するくらいの重大な話し合いです。

そんな重大な話し合いなのに、ぶっつけ本番なんてことはありえません。
絶対にしてはいけません。

一番いいのは、ごく一部のちゃんとした弁護士に依頼することですが、莫大な弁護士費用がかかりますし、そもそも調停というのは弁護士を付けずに十分できる手続きです。

なので、離婚カウンセラーなどの専門家に相談に行くことをおすすめします。
でも、往々にして近くにそういう人がいない人って多いと思いますし、相談するのにも抵抗があると思います。

そういう場合こそ、離婚調停について書かれた本を読んでください。

でも、離婚調停について書かれた書籍ってたくさんあるんですよね。
何を読めばいいのか?分からないという人がほとんどだと思います。

理想を言えば「読めるだけ読んでください」という事ですが、そんな時間はないと思いますし、そもそもほとんどの本の内容は同じような手続き的なことばかりでかぶります。

なので、この「勝てる!?離婚調停」という本だけ読んでください。

この本は、日本トップクラスの離婚カウンセラーである池内ひろ美さんが書いた本です。

内容としては、他の離婚調停の書籍みたいに手続的なことしか書かれていないわけでなく、離婚調停の本質から始まって、離婚調停では、どのように立ち居ふるまえばいいのかという実践的なことばかり書かれています。

ちなみに、この本のキャッチフレーズは「離婚調停は、プレゼンテーションの場だ!」です。それが表わしている通り、本当に離婚調停を有利に進めるために必要な事ばかり書かれています。

私は、色々な離婚調停の本を読んでいますが、離婚調停の書籍としては、この本がウソ偽りなく最高だと思っています。ただ、最後に紹介している専門家のノウハウ集には勝てませんが...といっても、書籍としては最高峰なのは間違いないです。

この「勝てる!?離婚調停」で、離婚調停を有利に進めるためのノウハウを学んで、手続き的なことに関しては、ネットで探して読めばいいと思います。

なお、この本は、上記からアマゾンで購入できるようにしていますが、わりと図書館にあったりします。図書館で借りても同じことなので、探してみてください。

最後にもう一度言います。
離婚調停のぶっつけ本番だけは絶対にしないでください!!


離婚調停を有利にするために!

これを読んでいるあなたへ!!あなたは、離婚調停を有利に運びたいと思いませんか!?また、一般の書籍には載っていないプロの離婚調停戦術ノウハウを学びたいと思いませんか!?

離婚調停を一人でする場合は、戦術を知っているのと知らないのでは、大きな違いがあります。時に、その違いは、慰謝料などの金額に100万円以上もの違いを生むことだってあります。

養育費なんか、1ヶ月に1万円違うと年間で12万円、10年間なら120万円、20年間ならたった1万円の違いが軽く200万円以上の違いを生むというとんでもない金額の差が生まれます。

そういうあなたにとって、都合の良い結果を勝ち取るためには離婚調停必勝マニュアルは欠かせません。

少し考えてみてください。例えば、スポーツです。

格闘技なんかは当然ですが、どんなスポーツでも、色々な技や技術やコツというものがあります。その技術やコツを身につけて、試合や本番に臨むのが当たり前ですが、こと離婚調停では、そういう事をしない人が多いのが現実です。これでは、基本すら身につけずに試合に臨むスポーツ選手や格闘家と同じことです。

もし、相手が技術を身につけていたら試合に負けるのが当たり前ですよね。逆に、こちらが身につけていたら試合が有利に運びますよね。離婚調停においてもそれと同じことが言えます。

さらに、優秀な指導者やコーチに技術やコツを指導してもらえれば、上達も早くワンランク上の結果が出せるのが当たり前です。

そうです!!この離婚調停成功マニュアルは、あなたの離婚調停を有利に導く優秀なコーチなのです!!

しかも、実際に離婚においての優秀なコーチである日本トップクラスの離婚カウンセラー渋川良幸氏が、15000件以上の相談実績から得た、一般書籍には決して載っていない自己の離婚調停必勝ノウハウを惜しげもなく公開したものです。

澁川良幸といえば、最近よくテレビにも出ています。コーチとしては申し分ないです。あの澁川氏の離婚調停必勝ノウハウですよ。離婚という試合を有利に進めるなら必読です。

日本屈指の離婚カウンセラー澁川良幸による離婚調停成功ノウハウ

サブコンテンツ

離婚ノウハウ集



おすすめグッズ等

このページの先頭へ