男女平等を目指すなら父親への親権認定も平等に!

昨今、男女平等の社会を実現しようという動きになっていますが、実際に男女平等の世の中なんて実現するわけはありません。

だって、男と女は、脳の構造から身体能力の差まで大きく違います。その中で、本当に平等な社会の実現って不可能だと思います。

この男女平等の社会でいう男女平等とは、女性の地位を有利にすることばかりを指しています。

本当に男女平等の社会を作るというのであれば、男の側も色々と主張したい点はあります。

その一つとして、現在、夫側が圧倒的に不利な子供の親権認定も平等にするべきだと思います。

現在、ほんの少しはマシになってきてはいますが、親権取得は、圧倒的に妻が有利になっています。

中学生以上であれば、子供の意思も尊重されますが、小さな子供については、圧倒的に母親有利な状態です。

たしかにこれには合理的な理由もあります。

やはり、母親と違って父親の体はゴツゴツしています。それに対して母親は男よりやわらかいのは事実です。

赤ちゃんや小さな子供であれば、父親に抱かれるのより母親に抱かれた方がいいに決まっています。

ほかにも、女性の方が直感力にすぐれ、子供のちょっとした異常に男性よりも気づきます。この能力の差は男女の脳の構造の違いから起こるものです。

他にも、母親の方が子育てに関して優れている点はあったりもしますが、それを考慮しても、あまりにも親権に関して有利すぎです。

例えば、妻の不倫が原因で離婚した際でも、親権は母親が有利です。これ、おかしいでしょ!!

男女平等社会を目指すというのであれば、子供の親権取得も平等にするべきです。

かりに、小さな子供を育てる能力が母親の方が上だからある程度仕方ないにしても、離婚原因を作ったのが母親側だというのであれば、父親が親権を希望するなら父親有利にするのが、男女平等社会というものです。

あなたはどう思いますか?

父親の方も、子供の親権ははなからあきらめているケースも多々ありますし、潔く母親に譲るというケースも多いです。

でも、親権に関して本当に平等であれば、親権を希望する父親はもっといるはずです。

一方、母親に関しては、感情的になってとにかく合理的な理由もなく親権を主張します。そうなると、父親はたち打ちできません。

ひどい話だと、というかよくある話だと、父親が仕事に行っている間に子供を連れて実家に帰り、その後はシャットアウト。

こうなるともうかなり不利な状態です。

もし、子供に会わせろ!とか言って押しかけると、警察沙汰にされて、ますます親権取得が不利になります。

そもそも、警察自体馬鹿なので、こうなった詳しいいきさつ等はきちんと聞いてくれません。離婚していないなら父親も親権者です。そういった事も考慮してくれません。

ということで、父親が親権を望むのであれば、子供とは必ず離れてはいけません、これ、最低条件です。

その上で、自分の側で以下に子供を育てていく環境が整っているかを証明しないといけません。それでも、まだまだ不利です。

それに対して、母親の場合は、母親というだけで圧倒的有利です。

一日中、タバコを吸いながらパチンコをして、子供の世話をしていないくらいの超マイナスな場合でない限りは、母親という最強カードを持っています。

というくらい、親権取得に関しては、母親が有利です。

本当に、男女平等の社会を目指すというのであれば、親権取得についても平等にするのは当たり前だと心より思います。

サブコンテンツ

離婚ノウハウ集



ラブラブ夫婦になる方法

このページの先頭へ