デリカシーの無い夫・妻の行動

結婚生活を続けていくと、当然に、パートナーを不快な思いにさせたり、プレッシャーを与えてしまうことがあります。

そこまではいかなくても、夫や妻にたいして「デリカシーがないな」と思うようなことは一つや二つはあるはずです。
そういう何気ないデリカシーがないと思われる行動も積み重なると、不満にまで発展するかもしれません。

そう考えると、どんなことに対してデリカシーがないと思われているのか知っておくのが夫婦円満の観点から見て賢明と言えるでしょう。

そういう「妻・夫双方のデリカシーの無い行動」というものを、2015年6月18日のお昼の番組「バイキング」で、ランキングをしていました。

これは、丸岡いずみと有村昆の芸能人夫婦が街に出て、夫婦にインタビューした結果をランキングしたものです。

それを見て「なるほど~」と思いましたので、ここで紹介しておきます。

まずは、夫が思う妻のデリカシーの無い行動ランキングです。

5位 家着に気をつかわない。
4位 周りを気にしないで大声を出す。
3位 イケメンに夢中になる。
2位 お風呂上りの姿がだらしない。
1位 自分への料理が雑になっている。

という結果でした。

簡単に解説すると、5位は、家でくらい楽な服装でいたいという意見ですが、夫としては、いつもきれいでいてほしいんですね。ジャージは特にNGです。

4位は、夫にとっては「うるさいな~」と感じられることも。

3位は、素敵な異性に惹かれるのは分かりますが、テレビなどで表だって堂々とそういう態度が見られると夫として面白くないです。

2位は、やはり夫は、きれいな妻でいてほしいという思いがあります。お風呂上りに下着いっちょで動き回られたりしたら幻滅します。

1位は、外で買ってきた惣菜をそのまま出したりせず、一度お皿に盛り付けましょう。しかし、妻の言い分としては、その分洗い物が増えます。なので、夫もたまには食器洗いをしましょう。

今度は、妻が思う夫のデリカシーの無い行動ランキングです。

5位 歯磨きの仕方が汚い。
4位 名前で呼んでくれない。
3位 平気でおならをする。
2位 お風呂上りに裸で歩く。
1位 無神経に「太った」と言ってくる。

という結果でした。

簡単に解説すると、5位は、歯磨き粉のしぶきが鏡などの周りに飛び散るのがNGです。そういう場合は、夫も周りを掃除するようにしましょう。

4位は、これは定番です。特に「おまえ」はNGです。夫婦円満の為にも、名前やニックネームで呼びましょう!ちなみに、夫婦で「パパ・ママ」「お父さん・お母さん」と呼び合っているのが約28%もあります。

3位は、気を許してくれている証拠でもあるんですが、やはり女性はそういう点を気にしますので、男性は注意しましょう。

2位は、男性はよくやりがちです。注意が必要です。あらかじめ替えの下着を用意して入浴しましょう。

1位は、これはデリカシーがないですね。かなりの夫婦がお互い様です。仮に、夫は太ってきていなくて、妻の健康を気遣うにしても、気を遣って言いましょう。

どうですか?
ちょっとしたことですが、思い当たる人も多いのではないでしょうか?

これらはちょっと気を遣えば直せるものばかりなので、まずは意識しておくことから始めましょう。


離婚回避・ラブラブ夫婦になる方法

このページを見ているあなたは、夫婦仲がよくなかったり、ラブラブ夫婦に戻りたいと思って調べている方が多いと思います。ひょっとしたら離婚を申し込まれているような状況まで陥っている場合もあるかと思います。

そのような場合にまでなっていても、心から本当に離婚しかないと思っていますか?可能であれば夫婦修復したいと思っていませんか?

「絶対に離婚だ!」と思っている人以外は、だめもとで夫婦修復を目指してみませんか?夫婦修復を試してから、それでもダメなら離婚という選択をしたらどうでしょうか。

以下のマニュアルは、市販の本には載っていない、壊れかけた夫婦が、ラブラブ夫婦や円満夫婦になるためのノウハウが詰まっています。もちろん、特に夫婦関係は問題ないが、今までと同じく夫婦円満で居続けたい人やもっとラブラブ夫婦になりたい人にも有効です。

特別な情報とはいえ少し高いと感じる方もいると思いますが、夫婦修復カウンセリングを1回受けるだけでも1万~2万円はかかります。そう考えると安いものです。

■ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

夫婦修復の基本は、「相手を知り、自分が変われば相手も変わる」です。マニュアルを実践して円満夫婦を目指しましょう。ちなみに、結局、離婚に至ったとしてもこのノウハウを知っていたら、より円満離婚ができると思います。さらに、再婚した時に、絶大な効果を発揮しますよ。

サブコンテンツ

離婚ノウハウ集



おすすめグッズ等

このページの先頭へ