不貞行為とは

不貞行為とは?という事について書きます。
なお、このサイトはきれいごと抜きで書くようにしているので、刺激的な内容になっています。

民法770条第1項に記載されている法定離婚事由のひとつである「不貞な行為」とは、いったい何を指すのでしょうか?

結論から言いますと、SEXをすることです。肉体関係を持つことです。
男性器(チン〇)を女性器(マン〇)に挿入することです。

順を追ってみていきましょう。

まず、不倫を不貞と一緒にする人がいますが、大きく違います。
たしかに、よく似てはいますが…
不倫と不貞の違いですが、不倫とは、婚姻している人が、配偶者以外と付き合う事です。

付き合えば「普通は肉体関係はあるだろ!」と言う人が多いでしょうが、法律的には全く違います。
たとえば、付き合っていなくても風俗のソープなどでは肉体関係を持つことはできますよね。
つまり、ソープは不倫ではないけど、不貞行為に当たるという事です。

よく似た行為に、浮気というものがありますが、不倫と浮気の違いはなんなのでしょうか?
言葉の重みから言うと、不倫>浮気という感想を持つ人が多いのではないのでしょうか?それは正解です。

浮気は、婚姻をしていない人が、付き合っている本命の彼氏・彼女以外と付き合う事です。
結婚している人が絡んで来たら不倫で、それ以外は浮気という事です。

ただ、今は、浮気と不倫はごっちゃで使われていますし、不倫と浮気の定義は正確にはという事なので、あまり気にしなくてもいいでしょう。

でも、不貞と不倫・浮気は区別して考えましょう。

さて、ここで、不貞行為とは?という事に戻します。

では、不貞行為とは具体的になにをいうのでしょうか?
これを考える上では、先述した肉体関係があるかどうか?ということで考えていきます。

つまり、以下のものは不貞行為に当たらないとという事です。

・2人きりの食事
・2人きりでドライブ
・濃密に抱き合う・触れ合う
・愛しているとのメールのやり取り
・キス
・乳揉み

下2つなんかは、明らかに不倫・浮気に該当しそうですが、不貞行為にはなりません。とはいえ、民法770条第5項の「婚姻を継続しがたい重大な事由」に該当すると考えられています。

ここで、さらに進んだフェラや素股は不貞行為に該当するのでしょうか?

これらは、実際には挿入行為がありませんので、不貞行為にならなさそうなのですが、不貞行為に当たると考えられています。
やはり、性器が露出しているからなのか?と思うところですが、多くの慰謝料請求訴訟では不貞行為の証拠として実際に性器を挿入している場面の写真等を提示することはありません。

ラブホテルを一緒に出入りする写真や滞在時間、その他の方法で立証することになります。
つまり、ホテルで実際に行為に至っていなくても不貞行為があったとみなされることがあります。

したがって行為の詳細に関係なく、不貞行為があったとみなされる状況が複数あれば実際にセックスに及んでいなくても不貞行為とされます。

また、不貞行為というには、自由意思の存在が不可欠とされています。
自由意思というのは、自分で判断できる状況にあるという事です。自ら進んでという事ではありません。

例えば、婚姻している女性が強姦されて肉体関係を持った場合や、脅迫されて仕方なくSEXした場合などは、不貞行為に当たりません。

以上が、分かっているようで、正確には分かっていない法律用語である不貞行為とは何か?ということでした。

サブコンテンツ

離婚ノウハウ集



おすすめグッズ等

このページの先頭へ