夫婦関係が悪化するやってはいけないNG行動

結婚生活を続けていくと、当然に、パートナーを不快な思いにさせたり、プレッシャーを与えてしまうことがあります。
そういうやってはいけない何気ないNG行動に対しての不満が徐々に蓄積されると、離婚にまで発展しないとも限りません。

夫婦だから、なんでも理解していると思っている人は多いのですが、夫婦でもお互い理解している人は少ないのが現実です。だから、やってはいけない何気ない行動というものを知っておくことは、夫婦円満の秘訣でもあります。

そういう「妻・夫双方のやってはいけないNG行動」というものを、2015年6月4日のお昼の番組「バイキング」で、ランキングをしていました。

もちろんすべての夫婦に当てはまるわけではありませんが、そこそこ的を得ていると思いました。
ですので、ここで紹介しておきます。

まずは、夫婦関係が悪化するやってはいけない何気ない妻のNG行動ランキングです。

5位 会話が少ない時「今日、何してた?」と聞く。
4位 スキンシップがない時にスタミナ料理を出す。
3位 返事がそっけない時「何で?」と聞く。
2位 ケンカ中、冷静に正論を言う。
1位 教育方針が分かれた時、親に相談する。

という結果でした。

簡単に解説すると、5位は、夫は、漠然とした質問への返事は面倒と感じます。夫から返事が来なかったり時間がかかってしまうと妻の方もイライラしたりし、会話をしようとしたことがかえって逆効果になることも。こういう場合は、具体的な質問をするようにした方がいいです。例えば「今日、お昼は何食べた?」って感じです。

4位は、夫にとってはプレッシャーになることも。横にそっと寄り添うとかから始めていきましょう。

3位は、妻は状況を探りその場で問題を解決したがるが、夫は自分で考えて処理したいもの。なので、話したくないタイミングで無理に聞き出そうとするのは逆効果になります。「いつでも話聞くよ」という意思表示だけするのがよい。

2位は、口論では、女性は意外と冷静で口が立ちます。一方男性は、感情が高ぶると喋れず言い負かされやすい。なので、妻は、主導権を取りながら夫の意見を聞き出すのがいい。

1位は、事が大きくなりやすく、どちらかの味方になってしまう危険性があります。

今度は、夫婦関係が悪化するやってはいけない何気ない夫のNG行動ランキングです。
こっちは3つです。まあ、バイキングはお昼の番組ですので、主婦の視聴者が多いことを前提にしているんでしょう。

3位 口ゲンカをした時、すぐ謝ること。
2位 ケンカ中、しょっちゅう連絡を取ろうとする。
1位 スキンシップがない時ボディタッチをする。

簡単に解説すると、3位は、すぐ謝ると表面的な部分しか謝っていない、心がこもっていないようにとられることも。

2位は、妻は冷静になるために家を出る場合も多いので、何度も連絡が来るとうっとおしかったり、気持ち悪がられることもあります。

1位は、スキンシップがある時はいいのですが、無い時にいきなりのボディタッチは嫌がられます。女性はデリケートな生き物なんです。いきなりがダメなので、まずは、肩もみなどで段階を踏むのがおすすめです。

まあ、すべてがすべてではありませんが、こういう何気ない行動が夫婦関係を悪化させることもあると知っておきましょうね。


離婚回避・ラブラブ夫婦になる方法

このページを見ているあなたは、夫婦仲がよくなかったり、ラブラブ夫婦に戻りたいと思って調べている方が多いと思います。ひょっとしたら離婚を申し込まれているような状況まで陥っている場合もあるかと思います。

そのような場合にまでなっていても、心から本当に離婚しかないと思っていますか?可能であれば夫婦修復したいと思っていませんか?

「絶対に離婚だ!」と思っている人以外は、だめもとで夫婦修復を目指してみませんか?夫婦修復を試してから、それでもダメなら離婚という選択をしたらどうでしょうか。

以下のマニュアルは、市販の本には載っていない、壊れかけた夫婦が、ラブラブ夫婦や円満夫婦になるためのノウハウが詰まっています。もちろん、特に夫婦関係は問題ないが、今までと同じく夫婦円満で居続けたい人やもっとラブラブ夫婦になりたい人にも有効です。

特別な情報とはいえ少し高いと感じる方もいると思いますが、夫婦修復カウンセリングを1回受けるだけでも1万~2万円はかかります。そう考えると安いものです。

■ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

夫婦修復の基本は、「相手を知り、自分が変われば相手も変わる」です。マニュアルを実践して円満夫婦を目指しましょう。ちなみに、結局、離婚に至ったとしてもこのノウハウを知っていたら、より円満離婚ができると思います。さらに、再婚した時に、絶大な効果を発揮しますよ。

サブコンテンツ

離婚ノウハウ集



おすすめグッズ等

このページの先頭へ