浮気と不倫の違い

よく離婚原因で浮気が原因とか不倫が原因とかありますが、浮気と不倫って違いはあるのでしょうか?

不倫と浮気は、非常によく似ていますが正式には違います。

不倫とは、婚姻している人が、配偶者以外と付き合う事です。または、配偶者がある人と付き合う事です。
双方が結婚している場合ならW不倫なんて言います。

それに対して浮気とは、婚姻をしていない人が、付き合っている本命の彼氏・彼女以外と付き合う事です。
結婚している人が絡んで来たら不倫で、それ以外は浮気という事です。
もし、結婚していない彼氏・彼女が、他の異性と付き合っても、不倫とは言わないですよね!?

ただ、結婚している人が配偶者以外の人と付き合う事も浮気という事は当たり前で、浮気と不倫はごっちゃで使われていますから、あまり気にしなくてもいいでしょう。

しかし、民法770条第1項に記載されている法定離婚事由のひとつである「不貞な行為」略して「不貞」と、不倫・浮気は違います。

不貞は、法律用語であり、それの意味するところは、婚姻している人が配偶者以外と肉体関係を持つことです。
結論から言いますと、SEXをすることです。肉体関係を持つことです。

浮気とか不倫も「普通は肉体関係はあるだろ!」と言う人が多いでしょうが、法律的には全く違います。
たとえば、付き合っていなくても風俗のソープなどでは肉体関係を持つことはできますよね。
つまり、ソープは不倫・浮気ではないけど、不貞行為に当たるという事です。

また、まれに肉体関係を伴わないプラトニックな関係の不倫というのもありますよね。
そういう不倫は、不貞とは言わない訳です。

以上が、分かっているようで、正確には分かっていない「浮気と不倫の違いとは?」ということと、ついでに不貞との違いついてでした。

サブコンテンツ

離婚ノウハウ集



ラブラブ夫婦になる方法

このページの先頭へ