清州会議での夫婦円満の秘訣

三谷幸喜監督が、日本史上、初めて会議によって歴史が動いた清須会議を、「清州会議」という映画にしています。

その清州会議の終盤に、小日向文世演じる丹羽長秀が、お市殿と結婚する役所広司演じる柴田勝家に対して、ひと言、夫婦円満の秘訣を言っていましたので紹介します。

これです。奥が深いですよ。

「年下の女房は、年上のように、年上の女房は、年下のようにあつかう。
それが円満の秘訣だ!」

正直、あいまい過ぎて分かりにくいうえに、そこまで夫婦円満の秘訣とは思えませんが、なんでも紹介する離婚モールなので、紹介しました。

離婚回避・ラブラブ夫婦になる方法

このページを見ているあなたは、夫婦仲がよくなかったり、ラブラブ夫婦に戻りたいと思って調べている方が多いと思います。ひょっとしたら離婚を申し込まれているような状況まで陥っている場合もあるかと思います。

そのような場合にまでなっていても、心から本当に離婚しかないと思っていますか?可能であれば夫婦修復したいと思っていませんか?

「絶対に離婚だ!」と思っている人以外は、だめもとで夫婦修復を目指してみませんか?夫婦修復を試してから、それでもダメなら離婚という選択をしたらどうでしょうか。

以下のマニュアルは、市販の本には載っていない、壊れかけた夫婦が、ラブラブ夫婦や円満夫婦になるためのノウハウが詰まっています。もちろん、特に夫婦関係は問題ないが、今までと同じく夫婦円満で居続けたい人やもっとラブラブ夫婦になりたい人にも有効です。

特別な情報とはいえ少し高いと感じる方もいると思いますが、夫婦修復カウンセリングを1回受けるだけでも1万~2万円はかかります。そう考えると安いものです。

■ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

夫婦修復の基本は、「相手を知り、自分が変われば相手も変わる」です。マニュアルを実践して円満夫婦を目指しましょう。ちなみに、結局、離婚に至ったとしてもこのノウハウを知っていたら、より円満離婚ができると思います。さらに、再婚した時に、絶大な効果を発揮しますよ。

サブコンテンツ

離婚ノウハウ集



ラブラブ夫婦になる方法

このページの先頭へ