離婚と行政書士

離婚の専門家のひとつに行政書士というものがあります。

この行政書士とはいったいなんなのでしょうか?
そして、離婚について何をしてくれるのでしょうか?

行政書士とは、市区町村役場や都道府県庁などの官公署(行政機関)の書類を作成でき、またそれらの書類作成に関連するような相談をしてくれる法律の専門家です。別名「街の法律家」などといわれています。ちなみに、警察署も行政機関です。

ただし、離婚調停や離婚裁判を行う家庭裁判所は、行政機関ではなく司法機関になり、行政書士の分野ではなく、司法書士と弁護士の分野になります。

この行政書士の作成できる書類は、非常に多岐にわたり、その中でも事実証明書類というものがあります。これは、その事実があったということを証明する書類なのですが、簡単に言うと、契約書や合意書などがそれに当ります。

離婚関連で言えば、離婚協議書や慰謝料請求内容証明作成、離婚給付公正証書の作成代行などが行政書士に依頼できる分野になります。さらに、警察署に出す告訴状なども作成することができます。これにより、DVを受けた時に相手を告訴することができます。

しかし、家庭裁判所に提出する書類は、司法書士と弁護士でないと、依頼を受けて作成したらいけないことになっています。つまり、行政書士は、離婚調停の申立書などの裁判所の書類を作成することはできません。

とはいえ、行政書士は、離婚において色々と活用できます。
ただし、行政書士に依頼する際に、絶対的な注意点があります。

それは、離婚関連をメイン業務、又は専門としている行政書士でないといけないという事です。

先述したとおり、行政書士の分野は非常に多岐にわたります。弁護士であれば、それなりに離婚関連の事を知っています。しかし、離婚関連をメインに扱っていない行政書士は、あまり知らないんですね。つまり、離婚の専門家とは言えない訳です。

それでも、最近は、離婚関連を扱っている行政書士が増えてきました。

とくに、離婚をメインでやっている行政書士であれば、離婚協議書においても定型的なものでなく、色々な案を提案してくれます。さらに、内容証明やその他書類も、豊富な経験ならではの巧みなものを作成できるでしょう。さらにさらに、離婚で心が疲れている人へのカウンセリングができる人もいるでしょうし、離婚後の生活のアドバイスまでも受けることができるかもしれません。

行政書士に相談や依頼をするなら、こういう離婚専門家としての行政書士に依頼することが絶対ですね。

その中でも、さらにおすすめの行政書士がいます。

それは、行政書士と司法書士の両方の資格を登録して業務をしている専門家です。もちろん、離婚関連をメインに扱っているのが大前提です。

その人に頼むのであれば、行政書士と司法書士の両方の書類を作成してくれます。つまり、行政書士では作成してはいけない裁判所に提出する書類を司法書士の資格で作成し、司法書士では作成してはいけない事実証明の書類を行政書士の資格で作成することができるわけです。

つまり、離婚調停の申立書を作成してもらうだけでなく、陳述書などの説明資料や、それどころか、調停委員や裁判官に提出する書類だって作成できるわけです。書類で強力サポートができるわけですね。

費用も弁護士に頼むより圧倒的に安いですし、離婚調停が不成立になって、離婚訴訟に移行する場合も、訴状作成という形でのサポートもしてくれます。

なので、行政書士と司法書士の両方の資格を持つ人離婚専門家に依頼するのは、離婚調停の範囲で何とか費用を抑えながら解決したいという人にはうってつけかもしれません。もちろん、最初から離婚訴訟がしたいなら、断然弁護士ということになります。

なお、司法書士・行政書士両方を持つ離婚専門家も、弁護士みたいに調停に同席することは、家庭裁判所が認めてくれないとできませんし、離婚訴訟に移行した場合でも、弁護士みたいに法廷に代理人として立つことはできません。

そして、ここまでの依頼を受けてくれる行政書士と司法書士の両方の資格を持つ離婚専門家は、ほとんどいないと思うので、探すのが大変です。

さらに、弁護士以外は相手と示談交渉をすることが認められていません。
つまりは、電話などで相手と交渉することはできないんですね。話をしたくないという人はけっこういると思うので、そういう人は、高い金を払って弁護士に依頼するべきできです。

まあ、弁護士の半分以上は、示談交渉を積極的にしないという現実はありますが…

以上が、離婚において、行政書士という人達ができる事です。

サブコンテンツ

離婚ノウハウ集



ラブラブ夫婦になる方法

このページの先頭へ