離婚の慰謝料の相場

離婚の慰謝料の相場は、100万円から300万円です。

しかし、これは離婚に対して支払われる慰謝料の相場であって、この金額でないといけないという事ではありません。
離婚の慰謝料としては、だいたいこの範囲の金額が多いですよという事です。

この離婚慰謝料の相場を安いと感じる人も多いと思いますが、そもそも芸能人や有名人の離婚慰謝料って財産分与も含まれていたりします。
慰謝料自体は、意外に安いのです。

といっても、人それぞれであったり、離婚原因ごとで慰謝料の額は決まってきます。

そもそも慰謝料ってなんなのでしょうか?

慰謝料とは、故意または過失による不法な行為により、損害を受けた者が損害を与えた者に請求する損害賠償金のうちで、精神的苦痛に対する代償として支払われるものをいいます。

分かりにくいですね。
要するに、精神的苦痛に対する賠償金が慰謝料という事です。
精神的苦痛が大きければ大きいほど慰謝料の額は高くなるということです。

ゆえに、離婚の慰謝料の相場も、不貞行為で離婚とDVで離婚とでは多少違ってきます。

主な離婚原因での慰謝料の相場を見てみると

不貞行為(浮気) 100万円から300万円
DV・モラハラ 50万円から300万円
セックスレス 50万円から200万円
悪意の遺棄 100万円から300万円
嫁姑問題 10万円から100万円

って感じです。

でも、50万円と300万円では幅が大きいと思います。
そんなときは、協議や離婚調停の場合であれば、とりあえず大きく請求して、最終的に慰謝料金額を下げるというやり方がいいと思います。

離婚裁判の場合も、やはり基本は高めに請求することです。
たいていは弁護士に依頼していると思うので、このくらいになるのでは?と予想してくれるので、それより高めでの請求がいいと思います。
ただし、請求額が高くなれば、訴訟の手数料も上がりますので、そこらへんも考慮して決めてください。

最後にまとめますと、離婚の慰謝料の相場は、あってないようなものです。
離婚に至った経緯・有責度・婚姻の期間・年収などを考慮して決められますので、とりあえずは高めに請求しましょう。

なお、あくまで試案ではありますが、離婚慰謝料の計算式なるものは一応存在しています。

サブコンテンツ

離婚ノウハウ集



おすすめグッズ等

このページの先頭へ