財産分与と離活



財産分与を少しでもたくさんもらえるようにする離活方法について書いてみます。

財産分与とは、夫婦が結婚生活の中で築いた財産を、離婚に際して分けることをいいます。

ひと言で財産と言っても、夫婦の財産にはいろいろなものがあります。

預貯金やローンで買った家やマンション、車や家具、宝石類や生命保険や学資保険だってそうです。電気製品などの家具も当然財産分与の対象になります。

なんと、子供名義の預貯金も基本的には財産分与の対象になります。といっても、これを親権者にならないほうの親が「財産分与しろ」と言うのであれば、親としてどうかとは思いますが...

そういったものを、離婚に際して夫婦で分け合うのが財産分与です。

しかし、結婚前から存在していた預金や結婚前から所有していた家具、親から相続した財産などは、特有財産と言いまして、それぞれの持ち物ということで財産分与の対象にはなりません。

あと、必ずしもプラスの財産ばかりとは限りません。

例えば、婚姻期間中に2人で建てた家の住宅ローンなどは、マイナスの財産分与といって、その債務を2人で分けて負担する必要も出てきます。

財産分与の割合ですが、基本的な考え方としては、財産の半分ということになります。

これは、専業主婦の場合でも同じことです。

夫が外で働いて、妻が家をやり繰りする、その協力の結果でできた財産だから、平等に分けなさいということです。

とはいえ、ぐうたら主婦などでは、その貢献度によっては6:4とか7:3になるようなこともあります。

そして、面白いのが、不倫などで離婚の原因を作った方でも財産分与は請求できるということです。もちろん、半分が基本とはいえ、4割とか3割になりやすいのは仕方がないです...

ということで、財産分与が何かということはしっかりと理解しておいてください。そういうことをきちんと知っておくことが離活のベースとなります。

そして、離活においてこの財産分与は大きく関係してきます。なぜなら、この財産分与をいかに多くもらえるかということが、離活においての目標のひとつになるからです。

じゃあ、まずは、何をすればいいのでしょう?

なんといっても、財産の把握です。

預貯金はいくらあるのか?
ローンはあるのかいくらなのか?
車のローンや使用者や所有者はどうなっているのか?
生命保険は解約した場合の解約返戻金はいくらなのか?

そういった財産をきちんと把握することが大事です。

そして、家具などのことも考えると、「何が欲しいのか?」「新しく買うためにはいくらかかるのか?」といったことも知っておいて損はありません。

さらに、口座番号やカードの番号などもきちんと把握してメモとして残しておくことが大事です。

なぜなら、夫婦であるうちなら気軽に手に取れる通帳なども、離婚したら見ることが難しくなるからです。

でも、「分けるからあとは関係ないじゃない」と思う人もいるでしょう。

しかし、甘い甘い!!関係ないことはないです。

例えば、今後養育費などを滞納されたとき差押えをする場合に、「何銀行の何支店に口座があったっけ?」ということでは差押えも困難になります。

そんな知ってて何ぼと思う口座情報ですが、意外にも知らない人が多いです。

ということで、そういったことも含めて、離活の際には、どこに財産がどれだけあるかしっかり把握してください。

できたら、こっそり紙にまとめておくくらいのことはした方がいいですよ。

そうしておけば、離婚調停の際にも説明しやすいし、弁護士などに相談に行った時も相談時間を有効に使うことが出来ます。

把握した後は、自分はいったいどれくらいもらうことができるのか?
どれくらいほしいのか?
何が欲しいのか?

等をしっかりと考えておくことです。

法的にはどれくらいか?ということも知っておいた方がいいです。そういう時こそ、専門家に相談に行くべきでしょう。

ただ、法的なものは法的なものです。

協議や離婚調停では、5:5でなくても構わないわけです。6:4とか7:3とかでも言い訳ですね。

まあ、全部くれっていうのはさすがにどうなのとは思いますが…

とにかく、ざっくりとどう分けてもらいたいのかくらいは考えておきましょう。

有利な条件で離婚する方法

協議離婚はもちろん、離婚調停でも色々な知識や情報を得て活用した者が有利になるのは間違いないことです。

以下のマニュアルは、あの有名な日本トップの離婚カウンセラーである岡野あつこさんが、2万件以上の離婚相談をして実際に得た本には載せることができないような内容も含め、有利に離婚をするためのノウハウが書かれています。
なんと、全433ページの大ボリュームです。

価格は19800円とちょっと高めなんですが、岡野あつこさんに相談したら2時間で5万円、かつ予約がいっぱいで取れません。
そう考えると安いものです。

ということで、少しでも有利に離婚したいというそこのあなたは、以下をクリックして詳しい説明を読んでみてください。

離婚大全集~心スッキリ!断然有利に離婚する方法

サブコンテンツ

離婚ノウハウ集



ラブラブ夫婦になる方法

このページの先頭へ